歯のクリーニングCLEANING

美容室やエステと同じ感覚で。

「歯が痛くなったら歯医者に行く。」そんな風に思っていませんか?

病院や歯医者は、なんとなく怖い所・嫌な所というマイナスイメージがあるかもしれませんが、見た目にキレイな歯をキープする目的や、虫歯や歯周病を予防する目的のためにもっと気軽に利用していただきたいと思います。

仙台中央歯科医院では歯科衛生士が専門の機器を使い、歯垢(プラーク)や歯石を丁寧に取り除く歯のクリーニングにも力を入れています。歯の磨き方チェックやアドバイスもさせていただきます。

歯のクリーニングの流れ

  1. STEP1

    衛生士がお口の中に何か不具合や違和感がないかヒアリング

    歯科衛生士によるカウンセリング
  2. STEP2

    歯周病検査

    歯と歯茎のチェック
  3. STEP3

    超音波・スケーラーで歯垢・歯石取り

    歯磨きでは取れない歯石や歯垢を除去
  4. STEP4

    歯間ブラシ

    歯と歯の間を掃除します
  5. STEP5

    フロスで汚れ落とし

    クリニック専用のブラシで磨き上げます
  6. STEP6

    ブラッシングで着色取り

    器具で落としきれない汚れを除去
  7. STEP7

    歯科医師の最終チェック

    仕上がりを歯科医師が確認

歯垢(プラーク)とは

歯の表面に留まる白いカスが歯垢で、別名「プラーク」とも呼ばれています。歯垢は細菌の塊で、1gあたり1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています。放っておくと虫歯を発生させてしまうこともありますし、歯周病の原因となる歯石になることもあります。

プラークと歯周ポケットのイラスト

歯石は、一言でいえば歯垢が硬くなったものです。歯磨きで取り残した歯垢は約2日間で歯石へと変わってしまうと言われています。この歯石になってしまうと、もう通常の歯磨きでは取り除くことができません。ですが、歯石を放置してしまうと、口臭がひどくなってきて、歯周病が悪化してしまいます。歯周病は重度でない限り症状が分かりにくいので進んでしまいます。そうなる前に歯科クリニックの専用機器を使って定期的に取ってもらいましょう。

月に1度は必ず歯のクリーニングにいらっしゃるような意識が高い方もたくさんいます。そういう方々の歯は虫歯や歯周病にならずに健康で、コーヒーなどの色素沈着もなくやはりキレイです。美容室やエステを定期的に利用するのと同じ感覚で、もっともっとお口の中から健康と美容を意識していただきたいと思っております。