虫歯治療DECAYED TOOTH

なるべく「歯を抜かないで残す治療」を行っています。

自分の歯で噛んで食べられるということはとても素晴らしいことです。永久歯は抜いたらもう生えてきませんから一生人工の歯に頼らなくてはなりません。そういったことからも、仙台中央歯科医院では抜く必要のない歯はできるだけ抜かないで残す治療をしています。

虫歯の治療について

虫歯が神経まで達していない場合の治療

虫歯が神経まで達していない状態

虫歯が神経まで達していない場合は、虫歯になっている部分を削り、薬や金属などを詰める治療を行います。虫歯の深さによって詰めものが変わります。

虫歯が神経まで達している場合の治療

虫歯が神経まで達している状態

虫歯が神経まで達してしまった場合は、細菌に汚染された神経や血管を取り除いてキレイな状態にしてから薬を詰めて、更に上からかぶせものをします。かぶせものは歯の場所や状態によって銀歯や保険適応で白く目立たないものを入れることができます。

治療の前によくヒアリング・説明をします

虫歯の治療はレントゲンの後によく状態を説明してから治療に入ります。その際に何か分からないことや不安なことがあれば何でも気軽にご相談ください。目立つ銀歯にはしたくない等、治療方法に関してもご希望がございましたらお聞かせください。

少しお口の中に違和感があったり、「虫歯かな・・・」くらいの症状でも、気になった時が早期発見のチャンスですので早めにいらしてください。

お口の事は何でもご相談ください。

虫歯を繰り返さないために

虫歯になるのには3つの要因があります。①細菌 ②食べ物 ③時間 の3つです。この3つの要素が揃うと虫歯になります。反対にこれらのうちどれか1つでも欠けていれば虫歯を防ぐことができますので、日頃の食事や間食をする際に意識してみてください。

  • 01

    細菌

    お口の中にはたくさんの菌が存在します。細菌は食べ物と結びつき、酸という歯を溶かす物質をつくります。

  • 02

    食べ物

    特に糖分の多いものや炭酸などは虫歯になりやすい状態にしてしまいます。

  • 03

    時間

    食事をするとお口の中は虫歯になりやすい酸性に傾き、食後に時間が経てば中性に戻ってきます。長時間ダラダラ食べたり、間食ばかりしたりすると虫歯になりやすい酸性の状態が長くなります。

虫歯になる3つの要因、細菌・食事・時間の関係図

歯科衛生士がしっかりサポート

仙台中央歯科医院では、知識も技術もある歯科衛生士がしっかり患者さんと向き合ってサポートしております。

歯や歯ぐきのチェックはもちろんのこと、日頃のお口の中のケア方法を指導、子どもの歯磨きやお母さんの仕上げ磨きレクチャー、定期検診やスケーリング(歯のクリーニング等)の呼びかけをします。

虫歯や歯周病の予防に力を入れ、健康で美味しく食事ができる楽しい生活を応援しています。

定期的に歯科検診をして虫歯を予防しましょう。